ホーム  |  お問い合わせ  |  遠隔サポート  |  QC

ホーム > 製品案内 > デンタル製品 > 2D 画像診断装置 > PAPAYA PLUS

 
PAPAYAは歯科診断に必要な豊かな機能を
持っている次世代のデジタルX線診断装置です。

Sensor センサーを搭載したPAPAYAは 高画質なイメージを作りだします。
既存CCDセンサーは間接変換方式のため、センサー内に 発生する拡散エックス線量が多く、画像が不鮮明でしが、 CdTeセンサーはダイレクト方式のため拡散エックス線量が少なく、 より鮮明で精細な画像を得ることができます。

多様な撮影モードおよびオプションを搭載しました
-パノラマは全11種類 / セファロは全5種類の撮影が可能です。
-複数の顎骨形態に対応できるプロトコール設定が可能です。
-3段階のイメージクオリティー(Fast,Normal,HD)設定が可能です。
-被ばく占領を低減するため、撮影部位を診断の関心領域のみに限定することが可能です。
-顎関節撮影モードセッティングが可能です。